あのチューチューってなあ何だ@夏は続く9月も半ば過ぎなのに

  • 2011/09/19(月) 07:32:14


 メイナードファーガソンにしてもエリック宮城さんにしてもトランペッターとしてはハイノートヒッターの部類にいやでも分類されると思う。

 本当は、柔らかく甘いバラードが最も得意で・・・と想像するけれど。

 tpは特異な楽器で、甘く切ないバラードもやれば、ファンファーレもやるし、演歌も吹かざるを得ない時もある。(す、すみません、ちょっと考えればどんな楽器も、歌声もみんなそうなんです)

 あらゆる楽曲を演奏せざるを得ないという延長線上に、高音を出せなければトランペッターとしては物にならない、という即物的な結論がある。

 おしなべてトランペット吹きで高い音が出せる奴はうまいのが多い。

 以前、或るサックス吹きに…

 「あの、うまいと言われる奴らの、ちゅうチューってなあ何だ」と言われたことがある。

 そこら辺は…やはりtpで苦労した奴でないと判らないのかなあ…って。


 

 日の出
 久しぶりのsony dsc s85の映像だ。


 

 おれは、窓際で人間社会をを観察。


 

 阿呆の同居人はまたまた変なカレーパウダーを買ってきて


 

 悪魔も落涙するような滅茶苦茶に辛いカツカレーを作って食べる。で、数日後の記事は以下になるけれど・・・


 

 先日の十五夜には載せられなかったけれど

 お月見にはお団子と、里芋に煮付けは欠かせない。


 

 dsc−s85でも3倍ズームしかできないので…

 

 何時しかくろの家の公式ワインになったモーゼルシュワルツカッツ。

 いろんな種類があるけれど、近くの酒屋さんで扱っているこのワインが一番良いようだ。


 

 パスタもいつものアサリとイカと海老のオリーブオイル系なんだけど、飽きない。

 

 3日前に作ったカレーも食卓に上る。

 道のど真ん中でくたばりかけていた(死にかけていた)ハイジもMAX元気で


 

 家のカーテンはぼろぼろになる。

 時間は、否応なく流れるし、人の来し方いく末もそれにつられて流れてはいくけれど、流れる時間をどうやって捕まえるかは、人の力だろうね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

さあ!サックスを吹いてみよう!!

どうすれば、いかに短期間で、壁になるべくぶち当たらず、 良い「自分の音」を作ることが出来るか?90日間の挑戦に賭けてみますか?それとも変わり映えのしない音のまま3ヶ月後を迎えますか?

1日30分、たった1ヶ月!で上手く吹けるようになった吹き方とは?

プロのトランペット奏者を目指してプロのレッスンを受けていたにもかかわらず全く上達できなかったのに、1日30分1ヶ月!で上手くなってしまったトランペットの吹き方の「コツ」を知りたいですか?何をどうしても上手くなれなかったのになぜ1日30分1ヶ月でコンチェルトを吹けるまでになれたのか?!

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する